名言集
「虚偽がまかり通る時代には、真実を語ることは革命的行為である」 
ジョージ・オーウェル  

人気ホームページランキング → 応援のクリックお願いします

統合失調症は 存在しない病気
犯罪の影に 医薬業界との癒着あり 

有名人の死は工作されたもの


統合失調症 存在しない
「統合失調症」【以前は”精神分裂病”と呼ばれていた】という言葉は科学的な響きを持っているが、この響きは統合失調症に、固有の信頼性と人々を幻惑させるようなカリスマ性を与えると思われる。

メリーランド大学のジャーナリズムのフランクリン教授は 統合失調症と うつ病のことを 「精神病の二つの古い時代の形」と呼んでいる。

(デル出版1987)タイム・マガジンの1992年7月6日のカバー記事によると、統合失調症は「精神病のなかで最も悪魔的である」と言っている「わが国の病院のベッドの4分の1は統合失調症の患者で占められている」

このような本や記事、および彼らが言及する事実(病院のベッドの4分の1が統合失調症の患者で占められて)は、統合失調症といわれる病気が実在するかのごとく人々を信じるように惑わせる。

統合失調症は我々の時代の最大の神話である。

彼の本『統合失調症−精神医学の聖なるシンボル』の中で精神医学のトーマス教授は言う

要するに統合失調症といった物は存在しない」・・・と
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

精神病の定義はバラバラ
彼らの本 『統合失調症-精神医学的診断かモラルの判決か』のエピローグの中で、カリフォルニア大サンタクルーズ校の心理学のセオドア教授(彼は精神病院で3年間働いた)とニューヨーク州立大学アルバニー校の心理学のジェームス教授は言う。

「我々は我々の旅の終わりに辿り着いた。とりわけ、我々は望まれない行動の統合失調モデルは信頼性を欠くということを立証しようと努めてきた。

統合失調症は神話であるという結論に、その分析は不可避的に我々を方向づける」(Pergamon プレス,1980,).1988年に出版された彼の本『セラピーに対して』の中で、心理分析家のジェフリー博士は言う。

「統合失調症のような病気分類で 誰かをレッテル付けすることにおける固有の危険に対して認識が高められつつあり、多くの人々はそのような実体は無いということを理解し始めている」(アテナ神殿)

いわゆる統合失調症は、真正の病気であるというよりは、人間が実行し考え感じることができる殆ど全ての物で 他の人々またはいわゆる統合失調症患者自身から大いに嫌われる物を含む非特異性の分類である。つまり 統合失調症は 特別なものではないということである。

かつて統合失調症と呼ばれたことのないいわゆる精神病は殆どない。

なぜなら統合失調症というのは人間が考え実行しうる物で人々が大いに嫌う物全てをカバーする用語だからであり、それを客観的に定義するのは困難である。

典型的には統合失調症の定義は曖昧または互に矛盾している。

例えば私がある州立精神病院の副最高責任者である医師に、統合失調症という用語を定義するよう頼んだとき、彼は全く真面目な様子でこう答えた。「分裂した人格です。それがもっとも通俗的な定義です」

これとは反対に、精神病者の国民連合により発行された「統合失調症とは何か」という題のパンフレットでは「統合失調症というのは分裂した人格ではない」と言っている。

英語記述部分 省略――――――――
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

脳を損傷するドラッグ
いわゆる統合失調症の生物学的基礎を証明する他の努力は、片方のみが統合失調症と想定される一卵性双生児を含んできた。それらの努力はいわゆる統合失調症患者が、彼の兄弟には欠けている脳の損傷を実際に示す。

これらの研究における不備は、統合失調症患者が、彼のいわゆる統合失調症の治療のために、脳を損傷する神経安定剤を不可避的に与えられてきたということである。

脳損傷を起こしたのは 統合失調症ではなく 脳を損傷するドラッグである
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

考えと行動の分類に他ならない
統合失調症を含むいわゆる精神病の生物学的原因の信仰は、科学ではなく、もの欲しそうな考え、または人々の不作法または苦悩の経験的/環境的原因に対処することを避けたいという願望に由来する。

統合失調症の生物学的原因を発見するための努力が 何度も失敗してきたということは、「統合失調症」は多くの人々がそこに配置するところの生物学または「病気」の分類よりは、社会的/文化的に受け入れられない考えまたは行動の分類にのみ属するということを示唆する。

著者のローレンス氏は法律家で、彼の業務は精神医学的”患者”を代表することを含んでいます。彼のパンフレットは著作権を放棄しています。ご自由に複写してください。

向精神薬、抗うつ剤、製薬医療、医学の犯罪1   合法的に人殺し


1998年更新:
統合失調症の原因は未知である
統合失調症は神経生物学的基礎を持っていると広く信じられている。最も注目に値する理論はドーパミン仮説であり、これは統合失調症が脳のドーパミン経路における過活動に起因すると肯定的に仮定している。

更に最近の研究は統合失調症患者と対照被験者の脳映像の比較から得られる構造的および機能的異常に焦点を当てている。今日のどの発見や理論もこの複雑な病気の原因や病因を正確に説明できない」


1999年更新:
統合失調症の原因は未だ確定されていない
米国公衆衛生局長デヴィッド博士の精神衛生に関するレポート【現在リンク切れ】これらは統合失調症の原因の節の巻頭言である。

その後 米国公衆衛生局長【訳注:デービッドは第16代目で、在位期間は1998-2002年。黒人でこの地位に就いた人は彼が初めて】は、統合失調症のいくつかの未証明の理論を繰り返し述べている。

彼は二卵性双生児よりも一卵性双生児の方が統合失調症とレッテル付けされる可能性が高いことを、この想定される病気における遺伝的構成要素の証拠として引用する。

しかし 一卵性双生児における一致は、彼が証拠として引用するより遥かに低いということを示している研究を彼は見落としている。

例えば彼の本『アルコールは遺伝か』の中で、ドナルド氏は いわゆる統合失調症の一致率がたった6%と低いことを示す研究を引用している。

(バランタインブックス New York, 1988) グッドウィン博士は またこうも述べている。「統合失調症の遺伝的基礎を信じる人間は 無意識のうちに統合失調症の一卵性双生児の兄弟の統合失調症を 過剰診断するかもしれない」

公衆衛生局長は 統合失調症患者と呼ばれる人々における脳の異常を引用するが、それらが しばしば統合失調症を治療するために用いられるドラッグにより引き起こされているという事実を見落としている。

彼は信用を失ったドーパミン仮説に依拠したりさえする。(公衆衛生局長自身の言葉によると)「急性ジストニー、パーキンソニズム、遅発性ジスキネジー(錐体外路性終末欠陥症候群)、静座不能」により証拠づけられるように、神経安定剤は恒久的な脳損傷を引き起こすのにも拘らず、彼はいわゆる統合失調症用に神経安定ドラッグの常用を唱導するようなことまでする。

これらはそのドラッグを飲んでいる人々のおよそ40%に起こるということを彼は認めている。彼は、古いドラッグより損傷が少ない新しい反精神病的または反統合失調症的ドラッグという虚偽の希望を惹起する。


2000年更新:
統合失調症について一般に認められた原因は無い

以前から多数の理論が存在しているが、統合失調症について一般に認められた原因は無い。不幸な真実は、我々は何が統合失調症を起こすか又はその病気が何であるかさえ知らないということである」

ニュー・ハンプシャー州ポーツマスの精神衛生センターのAssociate Medical Director であるエドワード著『精神医学的ドラッグへの完全なガイド』(ジョン & ワイリーInc.New York, 2000)より。

ドラモンド博士は タフツ大学医学校を卒業し、ハーバード大学で精神医学の訓練を受けた。


2001年更新:
我々は未だ統合失調症を正確に理解していない
彼の本『明らかにされた統合失調症 − ニューロンから社会相互作用まで』(W.W.ノートン New York,2001)の中UCLA部(略称)の教授、復員軍人省(略称)のチーフであるマイケル博士は 最善を尽くして、統合失調症が生物学的であるという考えを促進しているにもかかわらず、彼は次のような告白をしている。

「我々は未だ統合失調症を正確に理解していない・・・統合失調症における脳の特定の異常は捕らえどころがないままだ・・・統合失調症は脳スキャンでは診断できない

http://www.ugoslink.com/history/material/jp-schizoph.html 掲載先HP

飯島愛と永田元衆院議員の死

去年 自殺者の異常増加にちなんで NHKテレビ「視点・論点」で うつ病対策を 精神医学の大学教授が論じていたが このようなテレビを見ている一般大衆は 見事 このうつ病なる病気が この世に存在していることを 絶対条件として見せられているとの思いだった

テレビでは自殺予防10カ条なるものを挙げていたが それらの症状や心理状態が 今や ほとんど電磁波技術で創られるという事実が隠されている。 少なくとも 我々 創価学会からの被害者には説得力を持たないのではないか 以下に自殺予防10か条を書いて それが 創価学会から ターゲットにされている人間には予防不可能であることを述べてみたい

自殺予防の10か条
1、うつ病の症状に気をつける
2、原因不明の身体の不調が長引く
3、飲酒量が増す
4、安全や健康が保てない
5、仕事の負担が増える、大きな失敗をする、職を失う
6、職場や家庭からサポートがえられない
7、自分にとって価値あるものを失う
8、重症の身体疾患にかかる
9、自殺を口にする
10、自殺未遂に及ぶ

上記の自殺予防対策は 創価の被害に遭っていると 通用しないものばかりである 

1の答え・・・創価のターゲットにされていたら気をつけるなど不可能 気をつける以前の問題だからだ

2の答え
;・・本人が不調の原因を知らない病気なんて ほとんどありえないこと 私も30年前 人間ドックでは どこも異常なしだったにも関わらず 起き上がることが出来ないほどの疲労感と脱力感を経験した すでに その時は 創価のターゲットになっていたと思われる 詳細はブログ作成中

3の答え・・・同僚(学会員)に悪意をもってストレス攻撃されたり わざと転職を繰り返されたり 創価のターゲットとして 画策されると 自分が自分らしく生きられない よって 本来の自己とのギャップやジレンマに苦しみ なぜか 自分らしく生きられないから 自暴自棄になり 酒を飲まずにいられなくなる 創価の運命操作から解かれたら 全ては解決するはずだ 

4の答え・・・人間は普通に食べて寝てストレスが 意図的に外部から与えられなければ安全や健康が保てる

5の答え・・・事務職の派遣先で 入社時期 ろくに仕事も教えてもらえず どんどんハードな仕事を押し付けられ おまけに 様々な心理的圧力をかけられ 退職に追い込まれたことがあった 間違いなく創価の社員だったと思う 

その後 私の代わりに来た派遣社員に引き継ぎをしたら こんなハードな仕事は嫌だと一日で来なくなった 次にきた派遣社員に ようやく仕事を引き継ぎ退職した 

その後 その派遣社員から電話がきた 「あなたのやっていた仕事は 今2人でやっている それでも大変だ」と また 彼女は契約途中で 社の雰囲気が息苦しいなどと言って 辞めている

人は仕事がきつくて 仕事を 辞めることはないが 理不尽ないじめには 耐えられないのである

6の答え
・・・創価からの被害の特徴は「被害者本人にしか気づかれない心理学を悪用した巧妙な手口」である よって家族や友人に相談しても「精神病院へ行ってみたら」となるようにされる この被害に遭うと はっきり言って誰のサポートも得られない 完全孤立である 

よって パソコンの使える被害者は ひとまずブログを出すことになる ネット上には多数の被害者ブログがあるが 最近は 加害者側ではと疑わざるを得ないような ブログやHPが出てきているように思う

それは犯人の特定を一切せず 証拠写真もなく あったとしても意味不明な画像や録画など どうとでも受け取れるような うやむやなものを載せるなど

また 被害者を愚弄するような転載記事をあえて選び載せる それに対する自己の意見を一切書かない

つまり ホローなしで載せることで 被害を受けていない一般人に ハイテク機器犯罪の信憑性を疑わせるものとなっている

そこには本物の被害者への人格攻撃や 加害者側の独善的自己保身が 巧妙に仕込まれている 

特に ブログやHPで1位になる被害者には ネット上での様々な 工作がある 過去に 私が投稿していたヤフー掲示板の集団ストーカー被害のスレにも ある日から 工作員が入り込み 365日24時間 私の投稿を監視 私が投稿すると すぐに 数分おきに2、30件以上も 連続投稿をしまくり 私の投稿を見えなくさせるという露骨な嫌がらせが何度もあった

あれ以来 私は その掲示板は覗いたことがない 工作員たちの投稿文は 明らかにおかしい ダラダラと 同じようなフレーズを繰り返し 意味不明で解り辛いのが特徴だ 

彼らの手口は 在日ヤクザの右翼政治団体の派手な活動と似ている 日の丸の国旗を掲げ君が代をじゃんじゃん鳴らして 物々しく 街中を走り 本物の愛国者を愚弄する いわば「ほめ殺し」作戦である

7の答え・・・本来は読書が趣味で 勤勉で 正義感あふれる人間が 創価のターゲットにされると 本を読まなくなり 覚醒剤やセックス依存症にされ 快楽的 刹那的になるケースである 勿論 本質的なもの(まじめで勤勉など)は 生涯 変わることなないのだが・・・

しかし 表面的に堕落しても 体と魂は別だ そのため 堕落した人生に陥っても 魂だけは嘘はつかない つまり仮の自分の姿に決して満足することはないのだ 堕落人生に嫌気がさすから  もう一人の自分に 嫌悪感を抱き そこから心理的葛藤に悩まされ自殺したりする

つまり 外部から電磁波(超音波 マイクロ波 超低周波 超高周波)によって 強力な感情操作を 長期的に受け続けると 別人格になり 転職を繰り返したり 性犯罪を犯したり 本来の自分にとって 価値あるものを失う結果となるということだ

8の答え・・・重症の身体疾患というと 過去30年ほど前に起きた 原因不明の諸症状の1つに 拒食症があった ある日を境に 突然 そのような現象が出た  食物の味が全く判らなくなったのだ ご飯やおかずの味が全くしない まるで砂を噛むような思いであった

味噌汁に どんどん塩を入れ 主人に叱られたことも何度かあった 辛い しょっぱい 甘いなどが 完全に失われていた 病院にいっても原因不明で 精神科行くように勧められる始末 それらの珍現象は ハイテク技術を使って味覚障害を起こさせたとしか思えない 

味覚を奪われ 食欲がなくなったので 見る見る間に体重が減り 52キロあった体重が35キロほどになった 心配した主人が よく外食に連れていってくれたが どんなに豪華な食事も 味覚がゼロでは 話にならない

このような珍現象が数ヶ月続いていたと思う 無我夢中で生きていた頃だから 何がきっかけで いつ このような珍現象が止んだのか 全く覚えていない 記憶を消し去るのも この犯罪の隠蔽にはセットかもしれない

9の答え・・・隠れて独り言さえ言えない失声症が 25年ほど続いた 50件ほど回った病院では どこも同じ診断をされた 声帯はきれいだし異常はないから 話せて当然だと言われた  医者も手の施しようがなく さじを投げた 

とうとう愛する主人と離婚するはめに・・ 愛しているのに余りの苦しさに離れるしかなかった 得体の知れない複雑な心境に見舞われ続けた こうして熟年離婚を決行 娘や息子がいる東京へ出てきた

上京して 職場を転々 行くところ 行くところ 理不尽ないじめや 上司の変な言動で 退職を余儀なくされた
ある日 ホームに立っていて 電車に飛び込みたくなる強烈な感情が湧いた すぐにでも死にたい とにかく楽になりたいと

そのとき 残された僅かな理性で その場を意識的に離れ 公衆電話へ向かった 当時 最も信頼できる同僚がいた 彼女に電話した 「死にたい 線路に飛び込もうと思う 」と 

すると 彼女から意外な返事が返ってきた 「私も死にたい 二人で死のう そこで待っていて そこどこなの? すぐ行くから」と  彼女のとっさの気の利いた対応がなければ 私は電車に飛び込んでいたのだ  

しかし 命の恩人である彼女の消息は 現在 途絶えたままである 彼女も もしかして 創価の被害者だったのか

10の答え・・・飯島愛さんが謎の死をとげた 彼女は 警察に行って 「薬を飲んでおかしくなっちゃった」など あっけらかんに話したらしいが 芸能人という見栄と体裁から 自分が何者かに 狙われているなど 本心は言えなかったのでは・・・ 

精神的に悩んでいるからと警察に行く人間はいない 事件性を感じたから 警察に行ったのだ 創価警察に うまく謀られ 事の重要さを形無しにされ 思わず「薬でおかしくなっちゃった」と その場を取り繕ったのでは・・

近隣の住人が 時々 彼女の悲鳴を聞いたなどの書き込みを見ると 創価学会か在日ヤクザなどから 電磁波被害を受けていた可能性が捨てきれない

彼女を精神病に仕立て上げるため 電磁波攻撃を仕掛け 痛みを送信 悲鳴をあげさせていた 一人ぼっちの彼女は 自分の身の上に起こる怪奇現象を警察に相談に行ったが そのような現象は 統合失調症だと言われたのでは

彼女は テレビのサッカー試合で 韓国を強烈に批判していた もうキムチは食べないなど 韓国を非難していた 彼女ほどの有名人の一言は 影響が大きい

私たちのような真の被害者と手を取られたら大変なことになると消されたのではないか もしかしたら 彼女は ネットで既に 私たちのブログやHPを知っていたのではなかったのか 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

電磁波犯罪と統合失調症
特定個人だけに声を聞かせるテクノロジー犯罪、幻聴など、幻覚症状が超音波や電磁波によって作れます。今から10年以上も前に総務省が遠隔から人間の五感を操作できる情報通信技術の研究報告を公開しいています。また、騒音照射も、方向、距離、音量など設定が自由自在に可能です。数キロ先から聞こえてくるような音も作れるし、上空から、隣から、歩く人の口元から、自由に音声を出すことが出来ます。電波や音波を悪用すれば、統合失調症や、うつ病、自殺願望、パニック障害、ADHDなどの症状が作れます。
テクノロジー犯罪の資料はこちらから
総務省の五感の情報通信技術報告はこちら
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

民主党の永田議員も ビルから飛び降り自殺した 彼の死も 創価と無関係ではない 彼は 公明党=創価学会の 選挙のための集団住民移動に言及した経緯があった 

今から思えば あれも彼の正義心を悪用して 工作されたものではなかったのか 気になるところだ  彼を貶めるために 集団住民移動の偽情報を自作自演して 掴ませて 糾弾させたと考えられないか

結果的には 創価は濡れ衣をかぶった善人となり 逆に永田議員は創価に名誉毀損で訴えられた しかし 永田議員は政治家として節操を貫いたまでで 彼には何の落ち度もない

創価の被害者Aのエピソードがある・・・・隣の一人暮らしのおばあちゃんの声で「助けて〜」と聞こえた 彼は着る物も着ずに 家を飛び出し 隣のおばあちゃんの部屋に走った ドアは鍵がかかって開かない 一刻を争う 被害者Aは 思いっきり体当たりして部屋に飛び込んだ そこにはお菓子をボリボリ食べながら テレビを見ているおばあちゃんがいた

彼が聞いたおばあちゃんの声は つまり 超音波による音声送信だったのである このように被害者に 送信されたリアルな音声に 錯乱させられ 動かされるのである 被害者が加害者にされる仕組みは こうして作られるのである

彼は通報され 家宅侵入で逮捕された メディアは「意味不明なことを言っている・・・」など書いた  正義心と勇気のある青年が 見事に 嵌められたのである 永田議員も そのような類のものであろうか

永田議員に押し寄せる今回の偽メール事件も 前回の事件と なぜか手口が似ているように思う 

永田議員は 堀江被告(ライブドア元社長)が、社内電子メールで、武部自民党幹事長の次男に対し、選挙コンサルタント費用として3000万円の振込みを指示した」などと 偽メールとも知らずに指摘していた

出版社役員の西沢孝氏から持ち込まれたメールを信憑性の検証をしないで衆院予算委員会で質問した。しかし問題のメールがガセネタであることが判明して事態は急変、民主党の野田佳彦氏が責任をとり国会対策委員長を辞任した。

さらに 前原誠司代表はじめ 民主党執行部の総退陣となり永田議員も議員辞職した。肝心の偽メールを持ち込んだ西沢氏が証人喚問される前に 永田議員が辞職してしまい 証人喚問は流れたのである どう考えても納得いかない話である

民主党の中にも反日議員がいるようなので 自分たちを脅かす永田議員を 罠に嵌めた可能性もあると思われる

永田議員の追求劇は不思議極まりない →  http://kishida.biz/column/2006/20060224.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして 川田アナの自殺もおかしい 彼女はうつ病で精神科に通院していた 薬の副作用で 口がうまく回らなくなって悩んでいた 彼女はご自身のブログで「しゃべりづらい とても心配 不安が押し寄せてくる 特に心当たりもなく・・・」と述べている

精神科の早期発見 早期治療はデタラメ 通院しないで 向精神薬など飲まなければ むしろ 自殺はしなかったのではと思う

彼女は、今年4月からBS朝日「鳥越俊太郎 医療の現場!」を担当してらしいが、5月17日に放送された第7回テーマは「あなたは大丈夫?心の病・うつ病」だったという  http://www.bs-asahi.co.jp/genba/vol07_main.html

心の病に取りくんだ彼女が 自らの心の病は克服できなかった この番組が、彼女の死にどのように影響したのか 謎である
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

西村真悟衆院議員の長男の西村林太郎議員は「強いうつ状態で入院が望ましいと医師から伝えられていた」と明かした。2008年1月 衆議院赤坂議員宿舎で転落死した 発作的な飛び降り自殺と考えられている。家族が30秒ほど目を離したすきに飛び降り自殺した .

受験の失敗など 心理的に追い詰めらている状態に ハイテク機器で 感情操作をされたのではないかと つい思ってしまう 私自身が 被害初期の段階に経験した 押し寄せてくる あの強力な恐怖心 あの感情は 私の長い人生で味わったことがない感情だった 

林太郎議員は26歳で若い 若い純粋な感情は 外部からの 感情操作に 強力に反応させられると思う

政治家になるほどの人間が 少々の人生の苦難でうつ病になるとは考えにくい うつ病と飛び降り自殺 大物議員の親父 前途有望 彼が消される可能性は大である

自民党の西村真悟のHPより↓
林太郎は、鬱状態が現れてから、母親に 「死にたい」 というようなことを時々言っていたようです。 しかし、そのように言った後では、また、ケロッとした様子なので、妻は、あまりその言葉に強く反応しないようにしていたようです。

林太郎は、そうしたなかで、「僕に もしものことがあったら僕の臓器を提供して欲しい」 と言っていたのです。

私どもは、林太郎の最後の この世への思いを残すため、角膜と心臓弁の提供を慶應義塾病院に申し出ました。

林太郎の角膜は、二人の方の目に光を取り戻し、林太郎の心臓弁も二人の人の命を守ることになると告げられました。


飯島愛の 不審死と向精神剤の服用 精神的悩みでなぜ警察へ 謎である  
永田議員の 精神病院通院中  抗うつ剤服用と 飛び降り自殺 これも謎である
川田アナの 精神病院通院中  向精神薬と自殺  これも謎である
西村議員の 精神病院で強いうつ状態と診断  飛び降り自殺 これも謎である
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

管理人からのメッセージ
「死にたい」と言うわりには その後 ケロッとしている このような症状は 電磁波被害の特徴だと思っている 一見、相手の気をひくための 甘えとばかり 思いがちだが 実は 電磁波照射の強弱のコントロールではないかと。

全く 根も葉もない想像で言っているのではなく 私が30年ほど前に体験した 原因不明の失声症や 味覚障害や 金縛り状態など 普通にはありえないことが ある日を境にひんぱんに起きた 

10人兄弟(姉妹)で 私だけが経験した異様な症状 それらの諸症状は 悪化することもなく 時には パッと晴れた青空のように爽やかに声がスムーズに出ることもあった 第三者から見れば 声が出なくなったりするのは演技じゃないかと思われそうだが・・・

創価学会の嫌がらせや 電磁波攻撃は 便乗犯罪の手口が特徴である よって 普段から「死にたい」と口に出す人間を 本当に死に追いやるのである 盗聴 盗撮をセットにしながら・・・ 

精神的に落ち込んでいる人間に 「死にたい」といった感情操作を電磁波照射しておいて 心身憔悴した段階を見計らい 一気に自殺に追い込んでいくといったものだと思う

池田大作が「絶対にばれないように 警察に捕まらないように うまくね・・・」などの言葉を そのまま受け取り 狂信者たちは犯罪を犯罪とも思わずに 実行するのである

自らの意思や 自らの知性を放棄して ロボットのように動く狂信者たちを 救うことは 政治的に急務だと思っている。

林太郎議員は去年の新年に自殺し 永田議員も今年の新年に自殺した こうして一年のスタートに儀式のように 前途有望な青年議員が 消えてなくなることは 日本国家にとって 大きな損失であり 非常に悔しい思いである


HPを更新するたびに 加害者側が騒ぎ出し、ランキングサイトを
操作しているようです 
全部 証拠は撮ってありますよ 



精神科医と製薬会社の癒着

コスグローブ博士(米国・ボストンのマサチューセッツ大学心理学者)は、精神病の診断統計マニュアル(日本も同じマニュアル)と、製薬会社との金銭的つながりについて論文を発表している。

それによると「うつ病 統合失調症」の診断統計マニュアル一部改訂版を作るにあたって、執筆に関わった専門家170名のうち、95名が製薬会社との間に金銭的つながりを持っていたということだ。

また うつ病や統合失調症などの精神的障害の部門で執筆を担当した専門家の 全てが、製薬会社との間に金銭的つながりを持っていたという。

コスローブ博士は「うつ病 統合失調症」の診断統計マニュアルの障害については、いかなる血液テストも存在しないと述べ それはマニュアルに頼っている医師の判断のみに左右されると述べている。

うつ病や統合失調症を定義するプロセスは、科学的というには程遠く、いかにそのプロセスが政治的であるかを知れば、失望するだろう と述べている。

抗精神薬の小児への適用を研究している世界的に有名なビーダーマン(ハーヴァード大学教授で精神科医)が、製薬会社から多額の資金を受け取り、国立衛生研究所(NIH)からの資金監督の見直しが要求されている。

グラスリー米上院議員は、精神科医であるビーダーマンと2人の同僚が、2000年以来 製薬会社から420万ドル(約4億5千万円)以上を受領していたことを明らかにしている。

ビーダーマン教授は、世界的に最も影響力のある精神科医の1人として知られている。

小児の双極性障害診断のリーダー的な提案者であり、双極性障害を持つ4歳から6歳の子どもたちの抗精神病薬クェティアピン(セロクエル)の研究を現在遂行中である。

グラスリー上院議員は 「製薬会社は自社製品の販売促進を期待して 非営利団体に対して資金を提供する」と主張している。彼は3万8000人の精神科医師を代表する学会に対して、製薬会社によって設立された基金から 提供された資金についての説明を求めた。

米国精神医学会の会長ストットランド氏は、「要求された資料は直ちに集められており、学会の機構は医学と産業の関係の情報公開や完全な透明性を サポートする存在である」と語った。

「1例としては、精神障害に関するマニュアルを更新するための特別委員会の仕事をしている医師は 精神医学の診断と治療に関心のある企業との重要な財政的な関係を明らかにしなければならない。彼らは、1年間に1万ドル以上を関係企業から受け取ることを許されない。

http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=215 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自殺や精神病が増加する社会的背景

このグラフによると 公明党が与党入りした頃から 急激に自殺者や精神病患者が増加していることが判る この異常な変動は 創価学会の組織的犯罪とも 密接に 関連していると思われる

1999年以降 公明党が与党入りした頃から 自殺者の急増している そして更に この現象に比例して 精神医療産業も急成長しているのだ。 この頃から 創価学会が敵対者殲滅工作を 巧妙にビジネスに繋げたのでないのか 

どうも 敵対者殲滅工作である電磁波犯罪と 精神病者の増加 自殺者の増加 精神医療産業の急成長が 創価学会の総体革命((日本乗っ取り)と連動しているような気がしてならないのだ。

絶対に捕まらないことを確信した上で ターゲットに電磁波攻撃を仕掛ける そして 幻聴 幻視など 幻覚症状を作り うつ病や 自律神経失調症 統合失調症に仕立て上げる。

そして更に ターゲットとオペレーターとの間に ある種の情感が生まれるのを防ぐため 加害組織をビジネス化して 24時間体制とした 

またオペレーターが何らかのミスで 正体がバレそうになったら 加害地域を交代するなど 幾重にもバリアを張り巡らした創価得意の巧妙で狡猾な策謀が網羅さていると思う。 

次に ハイテク攻撃で生み出した うつ病や 統合失調症などの被害者を 精神病院に隔離して 思考能力を奪い あわよくば生涯の金づるとし 創価経営や創価資金が入った精神病院と製薬会社の 利益の安定に繋げる作戦もあるかもしれない。

病院に隔離された被害者たちの中には 余りのショックで自殺など試みる者が出てくる それはそれで 加害組織にとっては 自分たちは 一切 手を汚さずに 敵対者の抹殺に成功したことになる

死と暴力を生み出している精神産業

精神科医の犯罪を問う

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

公明党から「参院法務委員長」を取り上げろ 
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1190896355/l50  (掲示板より) 

1 :政教一致のカルト集団を許すな:  2007/09/27(木) 21:32:35 ID:z7d+Nxdb

『公明党・創価学会の真実』 平野貞夫著(2005年) 序章 暴力団がつくった自公連立

「参院法務委員会」の委員長は公明党議員だった。 調べてみると、 公明党は、40年間も参院法務委員長のポストを独占していることがわかった。 検察と司法を所管している法務委員会の委員長に、なにゆえこだわるのか。


重要ポストは交代制にするべき
公明党は、参院「法務委員長」のポストを40年間独占しているらしく また東京都議会の「警察・消防委員会」のポストも40年以上に渡り独占しているらしいが なぜ 日本の政治家や官僚は このような理不尽な仕組みを糾弾しようとしないのか 不思議でならない

例え議席が一人の野党にでも 委員長のポストを与えるべきではないのか 議席数によって 委員長ポストの期間を割り当てればいいじゃないか これが本当の民主主義ではないか

このような理不尽な仕組みを 放っているから 創価学会の集団ストーカーのような犯罪が可能になるのだ 被害者たちが 外出時 パトカーや救急車などに タイミングよく出くわされたり ヘリがタイミングよく頭上に飛んできたり 異常な場面設定を 彼らは作り出せる環境にあるということだ 

尾行や盗聴は当たり前 電磁波攻撃をしかけ うつ病や統合失調症などの症状を作り精神病扱いにして犯罪を隠蔽している 犯罪を公然と実行している創価学会は 法務委員長のポストを独占することで 自分たちがやっている集団ストーカー犯罪を摘発する法規制を作ろうとしない 更に、ハイテク機器などの所有者の情報公開法も作ろうとしない 避けてこれたのだ 

自分たちが有利になる国籍法改正などを フルスピードで通したり 創価警察 創価裁判官などの職権を乱用して 犯罪を隠蔽してきたり 警察や検察 裁判所を 自分たちに有利になるよう画策したり 本当に 自己中で どうしようもない悪さをしてきたのだ

フランスなどの国で カルト認定されている創価学会=公明党が フレンド票というカードを使って 自民党も骨抜き 形無しにしてしまったのではないか

日本人はおとなしすぎる 自分の国が乗っ取られようとしているのに 危機感もへったくれもない 政治の重要ポストの独占を 誰が考えても 変だ?と思うのに どうして それを政治家が問題にしないか 創価が そんなに怖いのか
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

医者は儲かる 
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1215439787/  (掲示板投稿より)

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 19:59:15 ID:???

あほうは医者が常識がないと言っていたが、医師は医師で合理的に行動しているんだが。

勤務医と比較して、開業医のほうが収入が多い。それは、税金の医者控除。 実際にかかった経費以上の経費を控除できるという制度です。 個人事業主が収める税金というのは、基本的には、 (売上-経費)×税率という計算になります。

例えば、売上1000万円の小売店が500万円の経費がかかったとすると、残りの500万円に税金がかかります。 ところが、医師の場合、無条件に72%の控除が認められいます。 つまり、売上1千万円の場合だと、仮に実際の経費が500万円だったとしても、 720万円分を経費として控除することが認められており、 280万円にしか税金がかからず、当然税金の支払額も少なくなります。

なお、控除率は、社会保険診療報酬の収入額によって決まっており、

2500万円以下   72%

2500万円超〜3000万円以下   70%

3000万円超〜4000万円以下   62%

4000万円超〜5000万円以下   57%

となっています。 該当する医師の平均経費率は52.5%とのことですから、 多くの医師が、実際にかかった経費以上の額を経費と同じような扱いで控除されていると思います。

http://www.jbaudit.go.jp/  会計検査院
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

向精神薬の本当の姿
大阪府大東市の診療所で、不眠症治療などに使われる向精神薬「エリミン」が、今年7月までの2年間に計約20万錠も所在不明になっていることが、麻薬取締部の調べでわかった。

同取締部は 自宅にエリミン約130錠を隠し持っていた元事務長(55)を同法違反容疑で書類送検した。

2年間で数千万円分が流出した可能性があるとみられ、流出先などを調べている。

この診療所には 心療内科や精神科はないにもかかわらず、毎月、同規模施設の数倍にあたる約1万錠のエリミンを購入していた。

しかし、診療報酬明細書上、月平均約2000錠しか処方しておらず、2年前から毎月8000錠前後が所在不明になっていることが判明した。

エリミンは錠剤型の向精神薬で、一般名はニメタゼパム。「陶酔感が得られる」などとされ、大量に摂取すると、幻覚や妄想などの症状が出る。

インターネット上などで違法に取引されており、1錠200〜300円の値が付くこともあるという
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

生活保護から安定収入のある精神医療
精神医療(精神科医)は 生活保護を生み出すことによって、莫大な利益を得ている。

平成17年度予算ベースで、生活保護医療扶助の入院費用の約4割(3200億円)が精神医療になっている

これは、公費負担医療給付分の約16%だ(精神保健福祉法による公費負担医療給付分は1200億円で、双方の合計で約32%が精神医療に投入されていることとなる)

現在、精神科病院では、入院の必要ない患者が約7万人(20%強)いて そのうち生活保護者が6万3千人を占めている。

うつ病、ADHD、認知症などの治療を受けても、却って悪化するケースさえ後を絶たないようだ。

当然と言えば、当然で それまで患者に見られなかった幻覚や妄想、錯乱、自殺企図、暴力念慮などを起こさせながら、「病気が進行した…」などと言って、更に強い薬を与え、社会復帰できない状態にもっていく。 

一度手にした金づるを更に長期優良顧客化させるために、「生活保護」や「障害年金」の受給を積極的に勧めている。

「生活保護」は特に憲法25条の生存権に基づき、講じられたものだが、精神医療は この制度を「自分達の懐を温かくするための手段」としている。

精神障害を患った方に必要な措置として、精神科医を訪れる…というのが社会的な合意となっているが、解決策どころか それとは反対のことが起きているという事実をしっかりと認識すべきだ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自殺と向精神薬
【事実】
アメリカでは、自殺する人の およそ50%が向精神薬を摂取している。

この事実から 向精神薬の摂取をなくせば、日本の自殺者は1万7千件あまりまで減らすことが出来ることとなるが、少なくとも30%は減らせると思う。思い切ってやってみる価値があるのではと思う。

これが成功したら、今まで国や企業・個人が負担していた 自殺者の家族に支払われた労災・健康保険・厚生(国民)年金・弔慰金などの半分(30%)は精神科医や製薬会社に負担してもらわなくてはならない。

製薬会社が出している副作用に関するデータは極めて歪曲されており、リスクが極小化されている。パキシルやゾロフトなどについても2007年になってようやく“自殺に関するリスク”が警告表示された。

その間 何百万人の人々が服用してきており「副作用がない」という宣伝文句は ウソであったことが実証できる。

自殺を減らしたくば、まず向精神薬の処方を止めること。 必ずや劇的な成果を収めることは必至だ

つい先日 ビルから飛び降りて自殺した永田衆院議員は 政治家として節操を貫いた 前途有望な政治家だったが 創価学会の住民集団移動など これまた偽情報だったのか それを疑い糾弾したため 逆に創価に訴えられた経緯があった

そして 今回 国会議員を 辞職するに至った偽メール事件も 偽メールを掴まされた それも意図的になされたように思われる 彼だけが どうして二度も偽情報を掴まされたのか 彼の勇気と正義感が 巧妙に悪用され 嵌められたのではなかったのか 謎である

永田議員にとって 命取りとなった 偽メール事件 その偽メールを持ち込んだ西氏は 自分が偽メールを持ち込んだとする証言を するはずだったのに その前に 永田議員が辞職した

西氏は 公明党と深い関係があったと言われるのだが どうだろうか (掲示板投稿より) 

永田議員は国会議員を辞職したあと ストレスから精神病院に通院していた 抗うつ剤を服用して その副作用だと思うが 過去に 自殺未遂も起こしたりしている 彼の再起を恐れる人たちは多かったであろう  精神病院で 消されたと思っている
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

恐怖政治と精神医学
池田大作のように 人を支配したい人にとって、精神医学的思考は非常に都合が良い。おとなしくなること、医者の言うことに従順になること・・・これが精神医学の治癒基準といってもおかしくないからだ。

精神医学的思考を最も活用した独裁者と言えばヒトラー。 事実、ヒトラーの周囲 特に「親衛隊SS」というところには 多数の精神科医がいた。

ユダヤ人の大虐殺を画策したのも「精神科医」たちだった。

ヴェルナー・ハイデ はナチスの安楽死計画の首謀者。好ましくない人物を抹殺するナチスの精神医学による秘密計画「T4作戦」の医療監督者だった。

ヘルマン・プファン・ミューラー は精神病院の院長。彼はその病院で子供達を餓死によって殺害をした。1943年、彼は計画を拡張させ より年齢の高い人々を対象に2つの「餓死の家(フンガーハウザー)」を建設した。

ハンス・ハインツ は「T4作戦」計画の精神科医で、最初の「児童専門(殺人)局」の本部であったブランデンブルク・ゴルデン州立精神病院の院長。ハインツは毒入りの食物、モルヒネ、シアン化合物や化学兵器用の劇毒物の注射という方法で、青少年を殺害した。

モスクワのセルブスキー研究所というところは、精神医学による懲罰的な政治統制の拠点だった。この研究所は、ロシア法と憲法の網を潜り抜けて 強制労働と精神医学の収容所ネットワークを設立するためにKGBや内務省と共謀した。

ソ連時代に強制労働収容所に収容され、「強制的な治癒」を施された市民は4000万人以上に上り これらの市民の多くが、「不活発性.統合失調症」という診断を下されている。共産主義に合わない人の特有の病気だそうだ。

中国にもアンカンと呼ばれる精神医療施設があった。かつて法輪功のメンバーが数百人規模で収容され それらの人々に「病名」がつけられていた。

「社会改善妄想症」「政治的狂信症」とう病名がつけられ その治療は、「口から舌が飛び出すくらいの静脈注射」「足の裏に電流が押し当てられる激痛の針治療」だった。

アメリカでもCIAと結託した精神科医が「シベリアUSA」という施策を講じ アラスカに広大な精神病院を建設し、政治的不満分子、スパイの容疑者から一般市民に至るまで、本人及び家族の承諾なしに強制収容する法案が下院を通過したが この危険性に気づいた一部の市民達の怒りに触れ、上院では廃案となった。

政治による支配を「恐怖」という道具を用いて行おうとすると、必ずそこには「精神医学」の影がある。

http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=211 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

製薬企業から米国精神医学会に資金
グラスリー上院議員は「製薬会社は自社製品の販売促進を期待して 非営利団体に対して資金を提供する」と主張している。

3万8000人の精神科医師がいる米国精神医学会に対して、製薬会社によって設立された基金から 提供された資金についての説明を求めた。

米国精神医学会の会長ストットランド氏は、「要求された資料は直ちに集められており、学会の機構は医学と産業の関係の情報公開や完全な透明性を サポートする存在である」と語った。

1例としては、精神障害に関するマニュアルを更新するための特別委員会の仕事をしている医師は 精神医学関連企業との 重要な財政的な関係を明らかにしなければならない。

彼らは、1年間に1万ドル(100万円前後)以上を関係企業から受け取ってはならない。 企業との関係は 連邦機関の規制より厳格な制限を確立している。」とストットランド氏は語った。

2006年間に、学会は総収入の約29%を製薬企業から受け取った。

資金調達は3種類
@ 雑誌と年次総会の展示における広告収入は総収入の15%

A 特別研究員への支給金や研修医の会議のようなプログラムに対する自由な
  資金が約8%、

B 年次総会のシンポジウムへの薬企業からのサポートは約6%。 

http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=215 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本肺癌学会・・・肺がん治療薬「イレッサ」問題
副作用を巡り訴訟が起きている肺がん治療薬「イレッサ」の使用ガイドラインを作成した作成委員と薬の販売元であるアストラゼネカの経済的関係を開示するよう求めている問題で 舛添厚労相は「学会は情報提供要求にきちんと応えてもらいたい。薬害の問題で、情報開示がないというのが一番困ること」と述べた。

この問題では、作成委員10人のうち少なくとも3人が、アストラゼネカから執筆料や所属機関への寄付などの資金提供を受けていたことが判明している。

舛添氏は金銭の授受について「中立公平なことを、きちんとやっていれば問題はない」としつつ、「いやしくも製薬会社と研究者が、国民から癒着していると思われることは避けるべきだ」と話した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/GALLERY/gallery.html 

精神病院と精神医療産業が大繁盛
上記のグラフによると 1999年公明党が与党入りした頃から 急激に精神病院や精神医療産業が繁盛していることが判る この異常な変動ぶりは 創価学会の組織的犯罪と密接に 関連していると思えてならない

1999年10月以降 公明党が与党入りした頃から 自殺者の増加と比例して 精神医療産業も急成長している。この頃から 創価学会が敵対者殲滅工作を 巧妙にビジネスに結びつけ 一石二鳥の究極の悪知恵作戦を造ったのではと思う 

どうも 敵対者殲滅工作である電磁波犯罪と 精神病者の増加 自殺者の増加 精神医療産業の急成長が 創価学会の総体革命((日本乗っ取り)と連動しているような気がしてならない。

絶対に捕まらないことを確信した上で ターゲットに電磁波攻撃を仕掛ける そして 幻聴 幻視など 幻覚症状を作り うつ病や 自律神経失調症 統合失調症に仕立て上げ精神病院へ送り込む

お陰で精神病院は大繁盛 患者の入院費が底を尽けば 生活保護や障害年金を受給させる仕組み それによって精神病院は 末永く安定した収入が保たれるって訳だ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

嫌がらせを24時間体制のビジネスに
被害者がどこへ引っ越しても 被害が止まないのは どう説明できるのか 例えば 単なるご近所トラブルであれば 引っ越した先は そこは別世界であり 過去は 少なくとも清算できるのが自然である

しかし、創価学会の電磁波犯罪やストーカー犯罪は 引越し先でも被害は再開され 引き継がれるのだ

何の恨みもない 嫌いでもない人間を 機械的に 傷つけることが出来るのか それが出来るとなると 次の要因が考えられる

1、ターゲットの人間性を 無茶苦茶にオーバーに悪く言って 憎悪を掻き立てることで 電磁波攻撃や集団ストーカー行為を正当化 また加害をバトンタッチすることで 学会内の連携意識を深め 脱会防止にもなる

2、ターゲットとオペレーターとの間に ある種の情感が生まれることで精神病院が繁盛するための統合失調症患者造りが尻窄みになっては困るので嫌がらせをビジネス化する仕組みをつくった

闇に嫌がらせ企業(探偵社など)を創り 365日24時間体制で ビジネス化するメリットは何か

ハイテク機器で生み出した うつ病や 統合失調症などの被害者を 病院に隔離して 思考能力を奪い あわよくば生涯の金づるになり 創価資本の精神病院と製薬会社の利益の安定に繋げる一石二鳥作戦

オペレーターが何らかのミスで 正体がバレそうになったら 加害地域を交代するなど 幾重にもバリアを張り巡らした創価得意の謀略が網羅さていると思われる。 

病院に隔離された被害者たちの中には 余りのショックで自殺など試みる者が出てくる それはそれで 加害組織にとっては 自分たちは 一切 手を汚さずに敵対者の抹殺に成功したことになる

統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある

http://human.kdn.ne.jp/


2009.1.15〜2/17掲載

人気ホームページランキング → 応援のクリックお願いします
home

nowカウンター
blogECサイト
アクセスカウンター
blogthink tank
blogseosemdvddvd
dvd 300dvddvd 200お見合いseo結婚相談
serverserverblog parts給湯器地デジ アンテナ裏DVDランキングデリヘル出張ホスト
ブログカウンター
デリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ無料ブログ
美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策インターネット広告代理店裏dvd
無修正dvd裏dvd 300円裏dvd無修正dvd裏dvd
無修正dvd裏dvd 200円医薬品 買取レンタルサーバーレンタルサーバー
無料カウンター
アダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーブログパーツアダルトレンタルサーバー
専用サーバー専用サーバー裏dvd裏dvd裏DVD案内所
ガス給湯器赤ちゃんハッカーインターネット広告インターネット広告代理店社長ブログ社長ブログ無料ホームページ携帯 無料ホームページ美容整形クレジットカード消費者金融キャッシングローン出会い出会いエステ
保険サイト売買ページランクオンラインカウンター住宅ローンクレジットカード 現金化google ページランク生命保険健康保険医療保険nekovaio女性保険入院保険ガン保険終身保険マスゴミ
無料アクセスカウンター
無料ブログ 携帯アクセスログ解析アクセス解析ログ解析メールフォーム無料メールフォームfree home pagefree mobile home pagefree mobile blogaccess logfree form給湯器 世田谷区給湯器 目黒区給湯器 渋谷区給湯器 中野区給湯器 新宿区
給湯器 練馬区ガス給湯器 世田谷区ネットショップデコメカウンターブログカウンターエアコン工事無料アクセスカウンター無料カウンターアクセスカウンター無料カウンター無料アクセスカウンターブログカウンターアクセスカウンター無料カウンター無料アクセスカウンターブログカウンター